フリーランス成功のポイント

category01

企業を卒業した人が、自分が長年培ってきたノウハウとか、技術とか、特殊な技巧などでフリーランスとして一本立ちして仕事を続ける人が多くなってきました。そして、誰しもが何年か業務を推進していきますが、どんどん成長していく人と尻すぼみになる人と二手に分かれてしまうことは、まぎれもない事実となっています。

フリーランスとして成功している人を観察すると、いくつかの共通点があることが分かります。

そこが成功のポイントということが言えます。まずは、余人に代えがたいものを持っていれば、いつまでも需要があるので、継続的な事業活動が可能になります。
逆な言い方をすれば、フリーランスとしての武器を常に磨き、ステップアップしていくことが大切なことになります。



次が、大手なり、看板企業との結びつきがあるということです。



個人事業主として活動している場合、活動範囲は出身企業やその取引先というようになりがちです。

となると、景気の影響や注文主の事情変更なので、依頼件数や依頼規模が左右されがちで、しかも大きな影響が出ます。
良い方向であれば問題ないのですが、悪い方向ですと致命傷になりかねません。


その点で、大手や著名な企業と提携関係を結んでいると、そこがバックにあるという信用から、それまでの守備範囲外のお客様からの注文も入ってきます。

一般的な言い方をすれば、新規顧客の開拓がうまくできるということになります。
ともあれそのつながりを早い時期に作ることが大切です。


もう一つは、顧客訪問を頻繁に行っています。


注文の見込みのあるなしに係わらず、何かにつけて訪問し、意見や情報の交換をしています。



そうしたことから新しい受注に結びつくことが存外多いのです。

学ぼう仕事の事

category02

サラリーマンなどの給与所得者を辞め、フリーランスの個人事業主となるには様々な手続きが必要です。フリーランスは組織に属さない個人事業主であるため、税金関係は確定申告を行い、社会保険関係は国民健康保険と国民年金に加入しなければいけません。...

subpage

最新考察

category02

サラリーマンにとっては、会社に拘束される事無く、スキルを活かして自由に働く事ができるフリーランスと言う働き方は、ある意味憧れです。しかし、いくらスキルがあっても、自分で仕事を確保する事が難しく、安定した収入を得る保証もなく、踏み切る事が出来ずにサラリーマンを続ける人が多いのです。...

subpage

初心者向き仕事

category03

フリーランスで仕事をしている人の多くは個人事業主で、青色申告もしている人がほとんどですが、会計処理に慣れていないと、失敗してしまう事例もあるので注意が必要です。その一つに、売上計上基準があります。...

subpage

予備知識

category04

バブル経済の崩壊後、終身雇用が見込めない時代になり、雇用に対する不安が高まるといった要因などからフリーランスという働き方が増えています。フリーランスは特定の会社や組織に属せず、自分の才覚、技術や技能を提供して仕事をする、独立した個人事業主や法人をいいます。...

subpage