フリーランスの会計処理のポイント

フリーランスで仕事をしている人の多くは個人事業主で、青色申告もしている人がほとんどですが、会計処理に慣れていないと、失敗してしまう事例もあるので注意が必要です。

その一つに、売上計上基準があります。



この基準をぐらつかえないで収支一貫していれば、税務調査があっても大きな問題にはならないのですが、その年度その年度のご都合主義で計上してると、税金逃れになったりして、いわゆる罰金とか延滞税ということにつながってしまいます。



会計の経験がないと、フリーランス活動をして、銀行に代金が振り込まれたときを売上に計上しがちですが、実はそうではないのです。
仮に請求書を発行しているのであれば、遅くてもその時期が売上計上時期となります。厳密に言えば、請求書発行時点よりも前の、パフォーマンス終了か、物品納入のときが売上確定ということも言えるのです。



しかし現実的には、請求書発行ということを計上基準にしておけば問題はありません。
サラリーマン卒業後フリーランス活動を始めたような場合、会計の締め切りの関係もあり、特に12月の分などは、お金が入ってこないものでも売上に立てるとなると、それは所得税の対象となるので、感情的には割り切れないものとなります。

ましてその分のせいで、確定申告のときに税金を納めるようなことになったとすればなおさらです。

でも、翌年からはその分が順送りで楽になるので、感情的に割り切れなくても、基準通りに会計処理をするのが望ましいことなのです。