定年後フリーランスの勧め

サラリーマンにとっては、会社に拘束される事無く、スキルを活かして自由に働く事ができるフリーランスと言う働き方は、ある意味憧れです。


しかし、いくらスキルがあっても、自分で仕事を確保する事が難しく、安定した収入を得る保証もなく、踏み切る事が出来ずにサラリーマンを続ける人が多いのです。
一方で定年退職者は、年金で何とか生活できても、まだまだ元気であり、働いていくらかの収入を得たいし、折角サラリーマン生活で培ったスキルを活かして、社会とつながり、社会に貢献したいと考える人も多いものです。
しかし、65歳前後で新たな職場を探しても簡単に再就職はできません。また再び人に遣われるのはもう沢山だと考える方もおられます。


そんな定年退職者にこそ、スキルを活かしてフリーランスとして働かれる事がお勧めです。



定年退職後の個人事業としての起業でもあります。
しかし、資金が必要な仕事は定年退職後の個人事業としてはリスクが多すぎ、スキルを活かして案件毎に企業と契約して仕事をこなし、それで収入を得ると言うスキルと労力に対して対価を得ると言うフリーランスの働き方が最適なのです。年金収入にプラスできれば十分であり、サラリーマン時代に安定した収入を得られないと諦めた理由も、定年後退職者なら心配ありません。



また資金をほとんど必要としない事は、定年退職後の起業として避けるべき損失を出すリスクもありません。サラリーマン時代に培ったスキルや長年の趣味活動を活かし、多くの人脈を活用したり、ネットのクラウドソーシングで仕事を確保し、第2の人生をフリーランスと言う働き方で過ごされる事をお勧めします。